お電話でのご相談ご質問はこちら tel.03-6264-0190

交通アクセスはこちらご相談・お問い合わせはこちら

トップページサービス案内Q&Anavi06ご相談

トラブル対処事例

滞納リスク

滞納リスク賃貸経営にもっとも大きなダメージを与える滞納リスク
家賃滞納が発生すると、ローンを組んでいた場合、返済の圧迫に直結します。また、滞納家賃も課税対象となるので、さらにその負担は大きいといえます。
滞納リスクを回避するにしっかりとした入居審査や家賃保証会社(機関保証)に入ることにより、そのリスクを転嫁することができます。

空室リスク

空室リスク人口減少により、今後も大きなリスクとなる空室リスク
2014年1月現在、全国の空室率19%(東京は14.5%)とされ、少子高齢化に伴う人口減少により、賃貸物件の供給過多がますます進みます。
空室に対してのマーケティング方法として、4つの「P」が挙げられます。

 プレイス(Place)・・・立地、場所等
 プライス(Price)・・・家賃、礼金、敷金等
 プロダクト(Product)・・・デザイン、間取り等
 プロモーション(Promotion)・・・販売方法、広告等

空室において、この4つの「P」のマネージメントを実施することが重要です。

市場リスク

画像:リスクイメージ空室率や賃料の変動で発生するビジネスリスク
不動産投資とは、スペースを貸す空間ビジネスと言われています。
つまり、ビルに投資して、そこから得られる不動産収入(賃料)に期待するわけです。
これらにより、例えばオフィスビルにおける空室率が変動したり、賃料水準が変動し賃料収入が増減するなどのリスクが発生します。
これらのビジネスリスクを特に「市場リスク」と呼びます。
ただ、このリスクは、テナントをさまざまな分野からリミックスして入れたり、契約途中でテナントが退出する際に所有者に対して有利な防御的な契約条項を織り込んだりすれば、小さく抑えることができます。

借入リスク

画像:リスクイメージ不動産格付けに大きく影響する借入リスク
不動産を取得したり開発する場合、全てを自己資産でまかなうという例は稀です。
多くは銀行などの金融機関からの融資を受けることになります。
「借入リスク」は不動産経営や不動産投資の資本構成において、借入の占める割合が増加するに伴って発生するリスクを指します。
不動産の価値に占める借入金額の割合をLTV(ローン・トゥ・バリュー 借入比率)と言います。例えば、500億円のビルに投資するために、400億円を借入でまかなったとするならばLTV=400÷500=0.8(80%)となります。
借入リスクはこのLTVで測定します。LTVが大きければ大きいほど借入リスクは高くなります。前述したバブル時代の開発資金の90%を融資でまかなった結果そのリスクが10倍に跳ね上がったのも、この借入リスクです。
リスクの高さは、「100%÷(100%-LTV)」で表すことができます。
つまり90%を融資で受けると、自己資本率は10%ですから、100%÷(100%-90%)=10となるわけです(この比率をレバレッジ効果と呼びます)。
ですから、融資の比率が高ければ高いほど、レバレッジは大きくなり、リスクは大きくなる。
不良債権問題は、この借入リスクを甘く見た代償でした。 そして、今後は、その比率、LTVが、不動産証券化商品の格付けにおいて重要な指標となります。

流動性リスク

画像:リスクイメージ突然拡大する危険をはらんだ流動性リスク
「流動性リスク」は売却しようとしたときに売れない、仮に売れるとしても、その時の市場価格よりの低い価格でしか売却できないリスクのことです。
先の不動産のマイナス特性の中で見たとおり、不動産の場合、流動性リスクは大きいものがあります。
株式の商いは、時間単位ですが、収益不動産を売却するには、月多淫にでの時間が必要となります。
つまり、仮に買い手を見つけることができたとしても、実際の売却までに売買条件の交渉、物件の調査(デューデリジェンス)、などの時間が必要となるからです。また、流動性リスクで気を付けるべきことは、突発的にそのリスクが大きくなることがあることです。
バブルつぶしのために不動産関連の融資を規制した政策が取られたことがありましたが、その政策ではこの流動性リスクが返りみられなかったといわざるを得ないところがあります。
つまり、それまで何とか売買が成立していた不動産市場が、そうした外的な背作によって完全に止まってしまう。
すると突然価格が下落し、顕在化していたさまざまなリスクが一気に噴き出してきます。
しかも、不動産投資には不可逆性があります。すなわち、投下した資金の一部あるいは全部を回収することはできません。また一度大きく一方に傾いたものが、すぐに元に修復するということはありません。
このことも流動性リスクの場合には、留意する必要があります。
流動性リスクは、不動産が証券化されれば一挙に解決するようにいわれていますが、実際には不動産証券取引市場が整備されていること、そこでの取引量がある一定のレばるまで達していること、などの前提が必要となります。
したがって、単に証券化されたからといって不動産の流動性が自然に高まるわけです。

インフレーションリスク

画像:リスクイメージ物価変動に影響されるインフレーションリスクバブル時代は、不動産には高いインフレヘッジ機能があるといわれるほど、不動産はインフレをものともしないところがありました。しかし、今後はそうはいきません。
「インフレーションリスク」とは、世の中の物価が変動することで不動産の価値に影響が出ることです。
例えば、インフレ率が5%だとすると、1年後には資産の名目価格(見た目の価格)は105(もとの価格を100とすると)となります。 ところが不動産価格だけは上がりもせず、下がりもせず名目価格は100のままだったとします。
この場合の不動産の実質的な価値はどうでしょう。 不動産の実質価格は名目価格を物価水準で割ったものですから100÷105(×100)=95となります。 他の資産は105÷105(×100)=100が実質価格ということになります。 逆にこの例で不動産価格が10%上昇して110になったとします。この不動産の実質価格は110÷105(×100)ですから104ということになります。
他の資産は先程と同様に100=105÷105(×100)ですから、不動産は他の資産よりも価値が増加したと言えます。 バブル時代以前は後者の状態がずっと維持されてきました。
ただ、今後はインフレ率を上回る賃料の上昇を期待することは難しくなってきます。
逆にそのリスクをどうヘッジしていくかが、課題になってきます。

マネジメントリスク

画像:リスクイメージ資産価値を大きく左右するマネジメントリスク
今後、不動産に高い資産価値を維持させるために注目されているのが、建物のマネジメントの優劣です。
空室率や賃料はそのオフィスビルへの維持管理状況、あるいはテナントへのサービス水準によっても変動します。
その結果、そのマネジメントの優劣による「マネジメントリスク」が発生してきます。
例えば、全く同じ仕様のビルを隣接して建てても、そのビルの維持管理やサービスが異なれば、それは賃料や空室率に大きく影響を及ぼすことになり、ビルとしての価値に大きな開きを生むことにもなります。
だからこそ、不動産にとって、このビルマネジメントを行う「プロパティマネジャー」の存在が脚光を浴びることになるのです。

金利リスク

画像:リスクイメージMBSなどで要注意の金利リスク
「金利リスク」は金利の変動により生じるリスクで、資金の貸し手にも、資金の借り手にも直接影響します。
全ての金融商品と同様、不動産も金利の変動に大きな影響を受けます。
特に開発資金の大半を融資などで借りてビルを建てる場合などは、その影響は甚大です。また、不動産証券化の先兵といわれている住宅ローンを集めて証券化したMBS(住宅モーゲージ担保証券)の場合、この金利の影響で、「期限前償還リスク(繰上償還リスク)」が発生します。
つまり金利が下落した場合、固定金利で住宅ローンを組んでいる借り手は、返済負担を減らすために、より低金利の融資への借り換えを行う可能性があります。この繰上返済をどうケアし、どうヘッジするかも考慮が必要です。

法制リスク

画像:リスクイメージさまざまな規制の改正などで生まれる法制リスク
不動産にはさまざまな法的な規制があります。その規制が変わることでリスクが発生します。
税制、建築規制、ゾーニング、その他の政府や地方自治体の条例などで思わぬリスクが発生してきます。
こうした事態についても考慮が必要になってきます。

環境リスク

画像:リスクイメージクリーンアップに甚大な損害を生む環境リスク
不動産の価値は、環境の変化に敏感に反応します。大きな公園があった場合に工場が出来たり、周辺に影響を及ぼす大事故が起きたりという場合、計りしれない出費を被ることになります。
また、それまで気付かれていなかった「潜在的な環境問題」が顕在化したことで、大きなリスクを生むこともあります。
近くにある川の汚染や、土壌汚染、放射能汚染などが判明したりしたことで一気に価値が下落することもあります。また、アスベストのように、従来は法的に認められていた建築資材に発ガン性があると報告された場合、資産価値を維持するためには使用箇所をクリーンアップする必要があります。
その額は相当なものです。

災害リスク

画像:リスクイメージ地震などの「災害リスク」に関しては、リスクの定義づけで述べたとおり、リスクの限界を超えた「損失」だと見るべきです。
ただ、「リスク」の領域として、災害のタイプごとにその発生確率を推定し、その災害が発生したときの損失額を掛け合わせて損害の”期待値”を求めることで測定しておく必要はあります。

 

まずはお気軽にご相談ください。TEL 03-6264-0190

電話受付/月~金 10:00~18:00

お問い合わせフォームへ

ブログページへ

東京都総合不動産コンサルタント

画像

〒104-0061
東京都中央区銀座7-17-18
ジュエル銀座ビル5F
TEL.03-6264-0190
FAX.03-6264-0905

NEWS & TOPICS

平成25年土地基本調査の確報集計を公表しました。

不動産価格指数(住宅)及び不動産取引件数・面積(住宅)の平成27年9月分を公表しました。

▷▷不動産市場動向マンスリーレポート 平成27年(2015)年11月分を公表しました。

平成27年第3四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~の公表 について

「平成27年第3四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~」の公表予定日 について

不動産価格指数(住宅)及び不動産取引件数・面積(住宅)の平成27年8月分を公表しました。

平成27年土地保有移動調査へのご協力をお願いします。

不動産市場動向マンスリーレポート 平成27年(2015)年10月分を公表しました。

平成27年度「土地取引動向調査(第1回調査)」の概要を公表しました。

不動産価格指数(住宅)及び不動産取引件数・面積(住宅)の平成27年7月分を公表しました。

「第7回地価に関する有識者会合」の議事要旨の公表

「不動産の鑑定評価に関する理論(演習問題)」のサンプル問題を公表致しました

平成27年不動産鑑定士試験合格者の発表について

不動産市場動向マンスリーレポート 平成27年(2015)年9月分を公表しました。

不動産価格指数(住宅)及び不動産取引件数・面積(住宅)の平成27年6月分を公表しました。

平成27年都道府県地価調査の公表(平成27年7月1日時点)

不動産価格指数(住宅)及び不動産取引件数・面積(住宅)の平成27年3月分を公表しました。

既存戸建住宅の評価に関する検討結果を公表しました。

平成27年版土地白書を公表しました。

「遊休不動産再生を活用したエリア価値向上手法に関するガイドライン~リノベーション・エリアマネジメントのすすめ~(案)」の公表について

平成27 年第1四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~の公表 について

不動産市場動向マンスリーレポート 平成27年(2015)年5月分を公表しました。

平成27 年第1四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~の公表 について

不動産市場動向マンスリーレポート 平成27年(2015)年5月分を公表しました。

「平成27年第1四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~」の公表予定日 について

平成26年度不動産証券化の実態調査を発表しました。

不動産価格指数(住宅)及び不動産取引件数・面積(住宅)の平成27年2月分を公表しました。

不動産市場動向マンスリーレポート 平成27年(2015)年4月分を公表しました。

不動産価格指数(住宅)及び不動産取引件数・面積(住宅)の平成27年1月分を公表しました。

平成26年度「第6回地価に関する有識者会合」の議事要旨の公表

平成26年度「土地取引動向調査(第2回調査)」の概要を公表しました。

不動産市場動向マンスリーレポート 平成27年(2015)年3月分を公表しました。

不動産価格指数(住宅)及び不動産取引件数・面積(住宅)の平成26年12月分を公表しました。

平成27年地価公示(平成27年1月1日時点)の公表

宅地化農地の現状ページを更新しました。

不動産価格指数(住宅・商業用不動産)の整備に関する研究会(平成26年度第2回)の資料を公表しました。

不動産市場動向マンスリーレポート 平成27年(2015)年2月分を公表しました。

平成26年度「土地所有・利用状況に関する企業行動調査」の概要を公表しました。

平成26年第4四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~の公表 について

「平成26年第4四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~」の公表予定日 について

不動産価格指数(住宅)の平成26年11月分(速報)を公表しました。

不動産市場動向マンスリーレポート 平成27年(2015)年1月分を公表しました。

不動産取引価格情報を公表しました。(平成26年7月~9月分を追加)

不動産価格指数(住宅)の平成26年10月分(速報)を公表しました。

不動産市場動向マンスリーレポート 平成26年(2014)年12月分を公表しました。

平成26年度「第5回地価に関する有識者会合」の議事要旨の公表

不動産価格指数(住宅)の平成25年10~12月分(確報)、平成26年9月分(速報)を公表しました。

平成25年法人土地・建物基本調査の速報別冊「土地動態編」を公表しました。

不動産市場動向マンスリーレポート 平成26年(2014)年11月分を公表しました。

平成26年第3四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~の公表 について

「平成26年第3四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~」の公表予定日 について

不動産価格指数(住宅)の平成26年8月分(速報)を公表しました。

土地取引の件数・面積 (9月暫定値更新) 土地取引規制基礎調査概況調査

不動産市場動向マンスリーレポート 平成26年(2014)年10月分を公表しました。

平成25年法人土地・建物基本調査の速報集計を公表しました。

不動産価格指数(住宅)の平成26年7月分(速報)を公表しました。

不動産価格指数(住宅・商業用不動産)の整備に関する研究会(平成26年度第1回)の資料を公表しました。

平成26年度「土地取引動向調査(第1回調査)」の概要を公表しました。

不動産取引価格情報を公表しました。(平成26年4月~6月分を追加)

不動産市場動向マンスリーレポート 平成26年(2014)年9月分を公表しました。

▷土地総研メールマガジン第22号http://www.lij.jp/mailmag/022/lijmail022.html

第4回「ITを活用した重要事項説明等のあり方に係る検討会」の開催について(2014年9月29日)

不動産価格指数(住宅)(平成25年7月から9月分確報)(2014年9月29日)

不動産価格指数(住宅)(平成26年6月分速報)(2014年9月29日)

住宅瑕疵担保履行制度のあり方に関する検討委員会(2014年9月29日)

第1回安心居住政策研究会の開催について(2014年9月25日)

平成26年都道府県地価調査の公表(平成26年7月1日時点)

不動産市場動向マンスリーレポート 平成26年(2014)年8月分を公表しました。

第3回宅地建物取引士に係る法定講習充実検討委員会の開催について(2014年9月4日)

▷土地総研メールマガジン第21号http://www.lij.jp/mailmag/021/lijmail021.html

平成26年第2四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~の公表 について

報道発表資料:不動産価格指数(住宅)(平成26年5月分速報)(2014年8月29日)

住宅リフォーム事業者団体登録制度(2014年9月1日)

平成26年度宅建試験の速報値、受験申込者は1.6%増

「マンションの建替えの円滑化等に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令」及び「マンションの建替えの円滑化等に関する

不動産価格指数(住宅)の平成26年4月分(速報)を公表しました。

「平成26年第2四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~」の公表予定日 について

不動産取引価格情報を公表しました。(平成26年1月~3月分を追加)

平成26年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」評価基準型(補助限度額200万円/戸)の提案募集の開始について(2014年7月18日)

離職退去者の利用可能な公的賃貸住宅一覧(2014年7月15日)

マクロ経済モデルを用いた不動産市場とマクロ経済に関する計量分析業務(平成25年度)について報告書を公表しました。

不動産市場動向マンスリーレポート 平成26年(2014)年6月分を公表しました。

高齢者向け住宅等を対象とするヘルスケアリートの活用に係るガイドラインの公表について(2014年6月27日)

土地動態調査へのご協力をお願いします。

不動産価格指数(住宅)の平成25年4~6月分(確報)、平成26年3月分(速報)を公表しました。

平成25年度土地問題に関する国民の意識調査を公表しました。

平成26年度「第3回地価に関する有識者会合」の議事要旨の公表

第3回「ITを活用した重要事項説明等のあり方に係る検討会」の開催について(2014年6月23日)

平成26年版土地白書を公表しました。

不動産市場動向マンスリーレポート 平成26年(2014)年5月分を公表しました。

地方都市における遊休不動産の利活用促進に関する調査(平成25年度)について報告書を公表しました。

平成26年第1四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~の公表 について

平成25年度不動産証券化の実態調査を発表しました。

第2回「ITを活用した重要事項説明等のあり方に係る検討会」の開催について(2014年5月29日)

災害時に最も困ること

全国のニュータウンリストを更新しました。

「平成26年第1四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~」の公表予定日 について

不動産価格指数(住宅)の平成26年2月分(速報)を公表しました。

家族信託普及協会-設立記念シンポジウム開催!

緊急報告 東京2020 講演会のご案内

「平成25年度 住宅経済関連データ」について(2014年5月19日)

「個人住宅の賃貸流通の促進に関する検討会」の最終報告について(2014年5月15日)

不動産市場動向マンスリーレポート 平成26(2014)年4月分を公表しました。

不動産取引価格情報を公表しました。(平成25年10月~12月分を追加)

不動産価格指数(住宅)の平成26年1月分(速報)を公表しました。

2014年4月の経済動向

建設労働需給調査結果(平成26年3月調査)について(2014年4月25日)

平成26年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の提案募集の開始について(2014年4月25日)

平成25年度公的主体による定期借地権の活用実態調査報告書を公表しました。

第1回「ITを活用した重要事項説明等のあり方に係る検討会」の開催について(2014年4月21日)

平成25年度「土地取引動向調査(第2回調査)」の概要を公表しました。

リニュアル仲介消費者向けセミナーダイジェスト動画

第1回「高齢者向け住宅等を対象とするヘルスケアリートの活用に係るガイドライン検討委員会」の開催について(2014年4月11日)

平成26年度 地域型住宅ブランド化事業 グループ募集の開始について(2014年4月10日)

「海外建設市場データベース」に不動産情報を追加しました!(2014年4月9日)

「不動産に係る情報ストックシステム基本構想」の策定について(2014年4月9日)

不動産価格指数(住宅・商業用不動産)の整備に関する研究会(第2回研究会)資料を公表しました。

平成26年度空き家管理等基盤強化推進事業の公募について(2014年4月2日)

土地総研メールマガジン第16号

当社加盟の移住・住みかえ支援機構がテレビで紹介されます!

地域金融機関等及び一般社団法人環境不動産普及促進機構(2014年4月1日)

居住支援協議会が行う民間賃貸住宅等への入居の円滑化に係る支援に関する事業を実施する者の公募について

平成25年度「第4回地価公示の標準地数等のあり方に関する検討会」報告書の公表

不動産価格指数(住宅)の平成25年1~3月分(確報)、平成25年12月分(速報)を公表しました。

平成25年度「第2回地価に関する有識者会合」の議事要旨の公表

平成26年地価公示(平成26年1月1日時点)の公表

「中古住宅市場活性化ラウンドテーブル(第二回)」の開催について(2014年3月20日)

「個人住宅の賃貸流通の促進に関する検討会」の最終報告について(2014年3月20日)

平成26年3月18日第3回無料相続対策セミナー開催!

不動産価格指数(住宅)の平成25年11月分(速報)を公表しました。

富裕層向けマーケティングセミナー関連

今月の不動産経済 平成26年3月号(一般財団法人 土地総合研究所発行)

26年4月分家賃の消費税率は,(3月に受領しても) 8%が適用されます

消費税率引き上げに伴う「報酬告示」と「ガイドライン」の改正について〈国土交通省〉

平成26年2月28日 第2回無料相続対策セミナー開催!

「齋藤塾流・実践的な防災訓練」

2014年日本不動産金融工学学会定期大会開催

平成26年2月14日 第1回無料相続対策セミナー開催!

▷平成25年度不動産コンサルティング技能試験実施結果

老朽マンション容積率を大幅緩和?

平成25年度宅地建物取引主任者資格試験合格者

↑ページトップへ