お電話でのご相談ご質問はこちら tel.03-6264-0190

交通アクセスはこちらご相談・お問い合わせはこちら

トップページサービス案内Q&Anavi06ご相談

BLOG

東京都総合不動産コンサルタント株式会社 HomeBLOG用途変更の円滑化促す!国土交通省

BLOG

用途変更の円滑化促す!国土交通省

国土交通省は、用途変更の円滑化に向けた取り組みを促進する。現状では既存建築物を特殊建築物へ用途変更する際、建築確認の手続きの要否や、適用規定の範囲に関する判断が特定行政庁によって異なる。そこで運用解釈を整理し、各地方自治体と指定確認検査機関宛てに通知を発出した。通知の周知によって既存ストックの活用と共に、保育所など社会的に需要の大きい施設の整備に期待が掛かる。

「100m2超」時点の建築確認 基本的に手続き不要

 建築基準法では、保育所などの児童福祉施設やホテル、病院といった特殊建築物に用途を変更するケースで、変更先の用途の床面積が計100m2を超えるときに建築確認の手続きを行うことと定めている。

 国交省の調べによると、この「100m2超」に対する運用解釈が特定行政庁ごとに異なることが分かった。例えば02年に区分所有マンションの一部80m2、08年に同20m2をそれぞれ特殊建築物の用途に変更した場合。いずれも100m2以下の変更だが、02年時点では手続きを求めず、02年の分も合計して100m2超となる08年の時点で手続きを求める事例がある一方、02年も08年も手続き不要とする事例もある、といった具合だ。

 そこで国交省は、手続きの実効性や公平性を鑑みて「100m2を超えた時点での用途変更の手続きの要否」の見解を明示。「特定行政庁が地域の実情に応じて必要と判断した場合に限り、要する」とした。前述の例でいえば、02年と08年のいずれの時点においても手続きは基本的に不要であり、その上で特定行政庁ごとに必要と判断するなら手続きを求めればよい、という趣旨だ。ただし同一人物が100m2以下の用途変更を繰り返し行うケースは、手続きを意図的に回避するための行為である可能性があるため、手続きを不要とする場合でも留意することと付記している。

既存不適格 現行規定適合の範囲は 実情踏まえ「部分的」可

 用途変更しようとする建築物が既存不適格(今週のことば)建築物の場合は、現行規定に適合させなければならない。具体的に「どの規定を適合させるか」という点についても、特定行政庁の間で運用解釈に差異が見られる。

 これについて通知では、同法の定めの通り「木造建築物等である特殊建築物の外壁等」「耐火建築物等としなければならない特殊建築物」「居室の採光および換気」などの約20項目であることを改めて提示(表)。これら以外の規定は、既存不適格を用途変更する際に現行規定に適合させなくてよいことを明記した。

 また、規定の適用範囲についても見解を明示。まず、範囲が「用途変更する部分のみ」でよいのが、前述の約20項目のうち「居室の採光および換気」「地階における住宅等の居室」「長屋または共同住宅の各戸の界壁」「無窓の居室等の主要構造部」などに関する規定である、とする同法の定めを確認。その上で、これら以外の規定は「必ずしも建築物全体ではなく、全体に適用が必要なものを除き、規定の趣旨に応じて部分的に適用させることができる」とした。

 建築時の法を順守して建てられた既存不適格建築物は、違法建築物ではない。そのため、ただちに現行規定に適合させる必要はないとされている。ただ、「増改築や用途変更などどこかのタイミングで、建築物全体を現行規定に適合させるのが望ましい」(国交省建築指導課)状態でもある。一方で現実には、建築物の一部を用途変更する際に、一定の規定について建築物全体に適合させることのハードルが高く、用途変更自体を断念する事態も少なくない。こうした事情を踏まえて国交省は、規定の適用範囲について、実質的に『地域や案件ごとの実情を踏まえた現場の判断に委ねる』との見解を示したとみられる。

(住宅新報より)

 

まずはお気軽にご相談ください。TEL 03-6264-0190

電話受付/月~金 10:00~18:00

お問い合わせフォームへ

ブログページへ

東京都総合不動産コンサルタント

画像

〒104-0061
東京都中央区銀座7-17-18
ジュエル銀座ビル5F
TEL.03-6264-0190
FAX.03-6264-0905

NEWS & TOPICS

平成25年土地基本調査の確報集計を公表しました。

不動産価格指数(住宅)及び不動産取引件数・面積(住宅)の平成27年9月分を公表しました。

▷▷不動産市場動向マンスリーレポート 平成27年(2015)年11月分を公表しました。

平成27年第3四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~の公表 について

「平成27年第3四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~」の公表予定日 について

不動産価格指数(住宅)及び不動産取引件数・面積(住宅)の平成27年8月分を公表しました。

平成27年土地保有移動調査へのご協力をお願いします。

不動産市場動向マンスリーレポート 平成27年(2015)年10月分を公表しました。

平成27年度「土地取引動向調査(第1回調査)」の概要を公表しました。

不動産価格指数(住宅)及び不動産取引件数・面積(住宅)の平成27年7月分を公表しました。

「第7回地価に関する有識者会合」の議事要旨の公表

「不動産の鑑定評価に関する理論(演習問題)」のサンプル問題を公表致しました

平成27年不動産鑑定士試験合格者の発表について

不動産市場動向マンスリーレポート 平成27年(2015)年9月分を公表しました。

不動産価格指数(住宅)及び不動産取引件数・面積(住宅)の平成27年6月分を公表しました。

平成27年都道府県地価調査の公表(平成27年7月1日時点)

不動産価格指数(住宅)及び不動産取引件数・面積(住宅)の平成27年3月分を公表しました。

既存戸建住宅の評価に関する検討結果を公表しました。

平成27年版土地白書を公表しました。

「遊休不動産再生を活用したエリア価値向上手法に関するガイドライン~リノベーション・エリアマネジメントのすすめ~(案)」の公表について

平成27 年第1四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~の公表 について

不動産市場動向マンスリーレポート 平成27年(2015)年5月分を公表しました。

平成27 年第1四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~の公表 について

不動産市場動向マンスリーレポート 平成27年(2015)年5月分を公表しました。

「平成27年第1四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~」の公表予定日 について

平成26年度不動産証券化の実態調査を発表しました。

不動産価格指数(住宅)及び不動産取引件数・面積(住宅)の平成27年2月分を公表しました。

不動産市場動向マンスリーレポート 平成27年(2015)年4月分を公表しました。

不動産価格指数(住宅)及び不動産取引件数・面積(住宅)の平成27年1月分を公表しました。

平成26年度「第6回地価に関する有識者会合」の議事要旨の公表

平成26年度「土地取引動向調査(第2回調査)」の概要を公表しました。

不動産市場動向マンスリーレポート 平成27年(2015)年3月分を公表しました。

不動産価格指数(住宅)及び不動産取引件数・面積(住宅)の平成26年12月分を公表しました。

平成27年地価公示(平成27年1月1日時点)の公表

宅地化農地の現状ページを更新しました。

不動産価格指数(住宅・商業用不動産)の整備に関する研究会(平成26年度第2回)の資料を公表しました。

不動産市場動向マンスリーレポート 平成27年(2015)年2月分を公表しました。

平成26年度「土地所有・利用状況に関する企業行動調査」の概要を公表しました。

平成26年第4四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~の公表 について

「平成26年第4四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~」の公表予定日 について

不動産価格指数(住宅)の平成26年11月分(速報)を公表しました。

不動産市場動向マンスリーレポート 平成27年(2015)年1月分を公表しました。

不動産取引価格情報を公表しました。(平成26年7月~9月分を追加)

不動産価格指数(住宅)の平成26年10月分(速報)を公表しました。

不動産市場動向マンスリーレポート 平成26年(2014)年12月分を公表しました。

平成26年度「第5回地価に関する有識者会合」の議事要旨の公表

不動産価格指数(住宅)の平成25年10~12月分(確報)、平成26年9月分(速報)を公表しました。

平成25年法人土地・建物基本調査の速報別冊「土地動態編」を公表しました。

不動産市場動向マンスリーレポート 平成26年(2014)年11月分を公表しました。

平成26年第3四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~の公表 について

「平成26年第3四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~」の公表予定日 について

不動産価格指数(住宅)の平成26年8月分(速報)を公表しました。

土地取引の件数・面積 (9月暫定値更新) 土地取引規制基礎調査概況調査

不動産市場動向マンスリーレポート 平成26年(2014)年10月分を公表しました。

平成25年法人土地・建物基本調査の速報集計を公表しました。

不動産価格指数(住宅)の平成26年7月分(速報)を公表しました。

不動産価格指数(住宅・商業用不動産)の整備に関する研究会(平成26年度第1回)の資料を公表しました。

平成26年度「土地取引動向調査(第1回調査)」の概要を公表しました。

不動産取引価格情報を公表しました。(平成26年4月~6月分を追加)

不動産市場動向マンスリーレポート 平成26年(2014)年9月分を公表しました。

▷土地総研メールマガジン第22号http://www.lij.jp/mailmag/022/lijmail022.html

第4回「ITを活用した重要事項説明等のあり方に係る検討会」の開催について(2014年9月29日)

不動産価格指数(住宅)(平成25年7月から9月分確報)(2014年9月29日)

不動産価格指数(住宅)(平成26年6月分速報)(2014年9月29日)

住宅瑕疵担保履行制度のあり方に関する検討委員会(2014年9月29日)

第1回安心居住政策研究会の開催について(2014年9月25日)

平成26年都道府県地価調査の公表(平成26年7月1日時点)

不動産市場動向マンスリーレポート 平成26年(2014)年8月分を公表しました。

第3回宅地建物取引士に係る法定講習充実検討委員会の開催について(2014年9月4日)

▷土地総研メールマガジン第21号http://www.lij.jp/mailmag/021/lijmail021.html

平成26年第2四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~の公表 について

報道発表資料:不動産価格指数(住宅)(平成26年5月分速報)(2014年8月29日)

住宅リフォーム事業者団体登録制度(2014年9月1日)

平成26年度宅建試験の速報値、受験申込者は1.6%増

「マンションの建替えの円滑化等に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令」及び「マンションの建替えの円滑化等に関する

不動産価格指数(住宅)の平成26年4月分(速報)を公表しました。

「平成26年第2四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~」の公表予定日 について

不動産取引価格情報を公表しました。(平成26年1月~3月分を追加)

平成26年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」評価基準型(補助限度額200万円/戸)の提案募集の開始について(2014年7月18日)

離職退去者の利用可能な公的賃貸住宅一覧(2014年7月15日)

マクロ経済モデルを用いた不動産市場とマクロ経済に関する計量分析業務(平成25年度)について報告書を公表しました。

不動産市場動向マンスリーレポート 平成26年(2014)年6月分を公表しました。

高齢者向け住宅等を対象とするヘルスケアリートの活用に係るガイドラインの公表について(2014年6月27日)

土地動態調査へのご協力をお願いします。

不動産価格指数(住宅)の平成25年4~6月分(確報)、平成26年3月分(速報)を公表しました。

平成25年度土地問題に関する国民の意識調査を公表しました。

平成26年度「第3回地価に関する有識者会合」の議事要旨の公表

第3回「ITを活用した重要事項説明等のあり方に係る検討会」の開催について(2014年6月23日)

平成26年版土地白書を公表しました。

不動産市場動向マンスリーレポート 平成26年(2014)年5月分を公表しました。

地方都市における遊休不動産の利活用促進に関する調査(平成25年度)について報告書を公表しました。

平成26年第1四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~の公表 について

平成25年度不動産証券化の実態調査を発表しました。

第2回「ITを活用した重要事項説明等のあり方に係る検討会」の開催について(2014年5月29日)

災害時に最も困ること

全国のニュータウンリストを更新しました。

「平成26年第1四半期主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~」の公表予定日 について

不動産価格指数(住宅)の平成26年2月分(速報)を公表しました。

家族信託普及協会-設立記念シンポジウム開催!

緊急報告 東京2020 講演会のご案内

「平成25年度 住宅経済関連データ」について(2014年5月19日)

「個人住宅の賃貸流通の促進に関する検討会」の最終報告について(2014年5月15日)

不動産市場動向マンスリーレポート 平成26(2014)年4月分を公表しました。

不動産取引価格情報を公表しました。(平成25年10月~12月分を追加)

不動産価格指数(住宅)の平成26年1月分(速報)を公表しました。

2014年4月の経済動向

建設労働需給調査結果(平成26年3月調査)について(2014年4月25日)

平成26年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の提案募集の開始について(2014年4月25日)

平成25年度公的主体による定期借地権の活用実態調査報告書を公表しました。

第1回「ITを活用した重要事項説明等のあり方に係る検討会」の開催について(2014年4月21日)

平成25年度「土地取引動向調査(第2回調査)」の概要を公表しました。

リニュアル仲介消費者向けセミナーダイジェスト動画

第1回「高齢者向け住宅等を対象とするヘルスケアリートの活用に係るガイドライン検討委員会」の開催について(2014年4月11日)

平成26年度 地域型住宅ブランド化事業 グループ募集の開始について(2014年4月10日)

「海外建設市場データベース」に不動産情報を追加しました!(2014年4月9日)

「不動産に係る情報ストックシステム基本構想」の策定について(2014年4月9日)

不動産価格指数(住宅・商業用不動産)の整備に関する研究会(第2回研究会)資料を公表しました。

平成26年度空き家管理等基盤強化推進事業の公募について(2014年4月2日)

土地総研メールマガジン第16号

当社加盟の移住・住みかえ支援機構がテレビで紹介されます!

地域金融機関等及び一般社団法人環境不動産普及促進機構(2014年4月1日)

居住支援協議会が行う民間賃貸住宅等への入居の円滑化に係る支援に関する事業を実施する者の公募について

平成25年度「第4回地価公示の標準地数等のあり方に関する検討会」報告書の公表

不動産価格指数(住宅)の平成25年1~3月分(確報)、平成25年12月分(速報)を公表しました。

平成25年度「第2回地価に関する有識者会合」の議事要旨の公表

平成26年地価公示(平成26年1月1日時点)の公表

「中古住宅市場活性化ラウンドテーブル(第二回)」の開催について(2014年3月20日)

「個人住宅の賃貸流通の促進に関する検討会」の最終報告について(2014年3月20日)

平成26年3月18日第3回無料相続対策セミナー開催!

不動産価格指数(住宅)の平成25年11月分(速報)を公表しました。

富裕層向けマーケティングセミナー関連

今月の不動産経済 平成26年3月号(一般財団法人 土地総合研究所発行)

26年4月分家賃の消費税率は,(3月に受領しても) 8%が適用されます

消費税率引き上げに伴う「報酬告示」と「ガイドライン」の改正について〈国土交通省〉

平成26年2月28日 第2回無料相続対策セミナー開催!

「齋藤塾流・実践的な防災訓練」

2014年日本不動産金融工学学会定期大会開催

平成26年2月14日 第1回無料相続対策セミナー開催!

▷平成25年度不動産コンサルティング技能試験実施結果

老朽マンション容積率を大幅緩和?

平成25年度宅地建物取引主任者資格試験合格者

↑ページトップへ